高輝度蓄光

電力不要で明かりを届ける素材です。
明るいところで光エネルギーを蓄えて暗いところで発光します。
蛍光とは違い、物質自体が発光します。

驚くほどの明るさ

近年、蓄光の性能が格段に進歩しました。
その進化は著しく、今では避難誘導標識にも使用されるほどの明るいです。

水に弱い?それは昔の話。

従来の蓄光顔料には耐水性がありませんでした。でも、この蓄光は違います。
優れた耐水性があり、水に濡れるシチュエーションでも使えます。
屋外での利用にも最適です。

安心と安全

昔の蓄光顔料は発光の際に放射線を発する物質を含んでいました。
弊社の蓄光顔料は放射性物質などの有害物質を含まない「アルミン酸ストロンチウム」を使用しているため安心です。

可能性は無限大

時計の文字盤だけではありません。
避難誘導標識や防災に始まり、釣具、アート作品、ネイル、アクセサリーなど多様な用途に使用されています。

お問い合わせ

弊社の耐水蓄光に関するご質問などは以下「法人のお問い合わせ」ページよりお気軽にお問い合わせください。

蓄光とは

蓄光(ちっこう)とは、光を蓄えて、光照射を止めても発光する物質の性状を言います。なお、蓄光性を持つ物質が暗所で発光する際の光を「燐光」という。この発光の明るさを燐光輝度で示します。(Wikipedia

つまり、明るいところで光のエネルギーを蓄えて暗いところで発光していると考えていただけると分かりやすいかと思います。

また、蓄光顔料は内部に蓄えた光のエネルギーを周囲の明るさに合わせて放出する(発光する)特性があります。そのため、停電など周囲が突如暗くなるようなシチュエーションでは、急激にエネルギーを放出しようとして非常に明るく発光します。逆に、徐々に周囲が暗くなるようなシチュエーションでは蓄光顔料も徐々に光を放出するため弱い光で長時間発光します。

蓄光塗料の別称

蓄光(ちっこう)塗料は、一般的に蓄光塗料、夜光塗料やグローなどとも呼ばれます。

似たような名称で蛍光塗料というものがありますが、こちらは光が当たることで鮮やかに発色する塗料のことです。蓄光塗料が暗いところでも発光するのに対して、蛍光塗料は光を反射することで鮮やかに発色します。そのため、蛍光塗料は光のない所で光ることはありません。

蓄光塗料の耐水性

従来の蓄光顔料は水に弱く水に触れると加水分解してしまい蓄光効果がなくなり、耐水性がありませんでした。しかし、近年ではコーティング材の塗装が不要な耐水性を持つ蓄光顔料が開発され、屋外での用途も増えて来ています。

弊社でお取り扱いしている蓄光顔料はそのデメリットを解消しており、釣り具や屋外の看板など水に触れる環境下でもご使用頂けます。

蓄光の明るさの単位

蓄光顔料の輝度の単位はミリカンデラ (Wikipedia) を使用し、キャンドルの語源となります。1カンデラはローソク1本分の明るさで、1ミリカンデラはその千分の1の明るさとなります。人間の目は3ミリカンデラ以上を視認することができると言われており、目安として一般的なLEDの光度が50ミリカンデラと言われています。

蓄光性能の向上

蓄光顔料の改良によりその性能が格段に向上したとことから平成22年4月9日に消防庁より「蓄光式誘導標識等に係る運用について(通知)」が発表されました。これにより一定以上の性能と使用条件を満たすものについては、蓄光式の誘導標識を使用できるようになりました。

(ご参考)消防法上の基準

停電等により通常の照明が消灯してから20分間経過した後の蓄光式誘導標識の表示面において、おおむね100ミリカンデラ毎平方メートル以上の平均輝度となる照度を目安とすることが適当であること。

蓄光顔料の利用用途

身近なところでは時計の文字盤やキーホルダーやアクセサリーなどに使用されていま。また近年では発光に電気を必要としないため配線工事などが不要で、場所の制約を受けずに安価で早期に導入できるという特性から避難誘導標識や非常階段など安全強化の面からも注目されています。

蓄光顔料の使用例:

  • 時計の文字盤
  • 釣り具
  • イルミネーション
  • キーホルダー、アクセサリーなど
  • 私有地内での白線
  • 田畑の鳥獣被害の防止
  • 工場や高層ビル内の非常階段
  • 避難誘導標識

お問い合わせ

弊社の耐水蓄光に関するご質問などは以下「法人のお問い合わせ」ページよりお気軽にお問い合わせください。